バイクを愛する行きつけの美容室オーナーの話

バイクツーリングの魅力は「音」と「バイクとの一体感」だと思います。まずは「音」についてです。バイクに乗らない人にしてみたら、バイクのエンジン音というのは不快な程にうるさいものでしょう。エンジンをかける時が一番大きな音を発しますが、走行中も相当大きな音を発しています。バイクツーリングといえば、一日に300~400km、多い時は500kmもの距離を走ります。

仙台ビューティーアート専門学校 - 学校ガイド

その間、ずっとあの音を聞き続けているのです。想像するだけで耳と頭がおかしくなるのではないでしょうか。しかし、ライダーにしてみたら、あの音がなかったらバイクに乗る意味がないと言っても過言ではないくらい必要なものなのです。

仙台ビューティーアート専門学校 | マイナビ進学

私の歌謡かく言う私がお世話になっている美容室のオーナーも大型のバイクが好きで、良く自慢の愛車の話をしてきますが、その情熱たるや、本業の美容師を超えるものを感じます。



あの音は、自分を包み込むバリアのようなもので、あの音に包まれることによって走行に集中し、さらには日々の喧騒を忘れ去り、体が自然に溶け込むのを感じるのです。長距離を運転すること自体はとても疲れますが、あの音に包まれると凄くホッとするのです。もう一つの「バイクとの一体感」についてです。

ご存知のとおり、車と違ってバイクはむき身のまま乗り込みます。車の運転というのは「人が箱の中に入り、その箱が動く」というイメージですが、バイクは「自分自身が移動している」というイメージなのです。体感スピードの違いを感じていただければ、そのイメージの違いもお分かりになるかと思います。

バイクに乗り込んだ時、バイクは自分自身の体の一部になるのです。これが一体感です。バイクと一体化した自分が猛スピートで風を切り、時には車をすり抜けながら、自由自在に走行するのです。たまらない爽快感です。もっとも、音に関してはマナーを守り、また安全運転を心掛けることが必要です。そのことを肝に銘じて、今週末も仲間と共にツーリングへ行ってきます。