タイヤのメンテナンスについて

自動車が走行するとき、直接的に路面に接するのはタイヤです。通常の舗装された道路だけでなく、起伏のある山道や大きなカーブを繰り返す道もあります。そう考えただけでも、タイヤの運動性能はとても重要であり、またメンテナンスにも注意を払う必要があります。

ちょっと得するかも?11(分解整備とは。 整備工場の種類)

ご存じのとおり、タイヤはゴムで作られています。頻繁に運転を行う人は、タイヤの表面部に刻まれている溝が、徐々に消えていくのに気付く人も多いでしょう。もちろんそれも交換のための目安になりはしますが、もっと重要な問題があります。都市部などに見られがちな傾向ですが、自家用車は所有していても、休日しか乗らない人がかなり多くいるようです。使用頻度が低いため、こまめに劣化を調べることもなく乗り続けています。当然駐車したままの状態が長いわけですから、その間、タイヤが動かくことはありません。路面に密着しているのは、常に同じ部分になります。

仙台 自動車修理

その部分が次第に硬化し、ゴムとしての性能が落ちてゆきます。硬化の進んでしまったタイヤは、まだ溝の部分が残っていても、表面に細かなひび割れが入っていたりなどします。そのような場合はもったいないと考えず、速やかにタイヤの交換をすべきです。タイヤ交換については、ドライバーの運転環境(普段走る道路による差違や使用頻度)によって変化しますので、一概には言えません。ですがゴムは、紫外線やオゾン、埃などでも徐々に弱っていきます。少なくとも4~5年も放置していれば、確実に経年劣化が起こります。タイヤの溝部は残っていても、細かなひび割れや孔などが見つかりませんか?そのまま放っておいて、高速道路でバーストなどを起こす前に、速やかに交換をしましょう。

一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会 > 整備事業関連情報:整備事業者向け情報 > 自動車整備技術者認定資格制度:資格取得要件

また、何度か溝部の話を引き合いに出していますが、ドライバーの方でしたら、当然知っている知識として、『溝の残りが後1.6mmを切ったら車検は通らない』というルールがあります。タイヤの溝は雨天走行時に、水を掻き出す役割があります。溝が浅くなれば運転時のリスクが大きくなるので、常識として覚えておきましょう。